HOME 湘南キャンパス Techno Cube(19号館)建物レポート一覧建物レポート 詳細

湘南キャンパス Techno Cube(19号館) 建物レポート

2018
11.01
鈴木理帆さん(工学部建築学科4年次生)インタビュー

鈴木理帆さん(工学部建築学科4年次生)

― 普段はどの教室やスペースをよく利用していますか?

19号館利用風景 学生室ですね。広々とした建築学科の学生室内は、主に4年次生や院生が所属する研究室ごとにブースが分かれ、そのなかで各自が研究に取り組んでいます。建築学科の研究室はデザイン系や環境系など全部で18分野(2018年時点)あり、私は構造系の研究室に所属しています。

 

― 19号館の印象や魅力を教えてください。

19号館利用風景 “ここに来れば、みんなに会える!”ことですね。同じ研究室の仲間に会えるのはもちろんですが、研究室を区切るための壁はなく、出入りしやすいため、他の研究に取り組む学生や院生の方との交流も活発です。自分の研究分野とは異なる学生との交流を通じて、新しい気づきや発見もあります。
 ランチのときは、天井が高く開放感あふれる1Fのカフェテリアで、友達との談笑を楽んだり、また、鮮やかな木々の緑が心地良いコーナーラウンジでは、安らぎの時間を過ごすこともできます。19号館に行くこと自体が、今の私の楽しみになっています。
 快適な空間のなかで、私は現在、プロダクトの耐力や応力を解析し、そのデータを建築に活かすことを目的とした研究に取り組んでいます。卒業後は、小さい頃からの夢だった大工になります。学生たちにとって利用しやすい19号館のように、私も住む人に寄り添った家を自分の手で造りたいと思っています。また私自身が掃除が苦手なため、片付けのしやすい構造の家も造りたいですね(笑)。

 

― 建物の利便性はいかがですか?

19号館利用風景 5階に就職相談室もあり、企業選びやインターン利用などのときに気軽に訪問もできて、利便性もすごく高いと思います。また、研究に行き詰ったときなどは、同フロアにいる先輩や先生にすぐに聞きに行けるのはとても効率的です。構造的にも、雰囲気的にも、本当に風通しが良い建物だと思います。

レポート一覧に戻る