建学75周年について

学校法人東海大学建学75周年にあたって

学校法人東海大学建学75周年記念事業委員会
委員長 松前 義昭

太平洋戦争の真っ只中であった1942年、創立者・松前重義博士が「人文科学と自然科学の融合による確固たる歴史観、国家観、世界観を把握せしめる」ことを教育理念として掲げ、静岡県清水の地に学園を設立したのが学校法人東海大学のルーツです。以来、「調和のとれた文明社会を建設する」という高い理想のもと、幾多の困難を乗り越えながら、全国各地に拠点を置く総合教育研究機関へと発展、2017年には建学75周年を迎えます。これにあたり学園では「建学の精神を受け継ぎ、変革を続け、成長する東海大学」というビジョンを掲げました。
本学園ではこの建学75周年を、建学100周年を見据えての節目の年、更には新たな挑戦の始まりの年と位置付けています。これから迎えるさらに厳しい大学間競争の時代を私学として勝ち残っていくために、東海大学は何を為すべきか、これをしっかりと検証しなければなりません。75周年は、我々が建学の精神に立ち返り、100周年に向けて如何にして教育・研究の質の向上を図っていくのかを改めて考える重要な機会でもあると捉えています。
創立から一世紀となる100周年を迎えた時には、“足元”にとらわれず、まっすぐ前だけを向いて歩いていく学園を目指したいと願っており、75周年は、そのための基礎固めの節目にしなければなりません。
皆様の絶大なるご支援、ご協力を衷心よりお願い申し上げます。

建学75周年に向けての将来ビジョン

建学の精神を受け継ぎ、変革を続け、成長する東海大学

これまでの東海大学の道のりを四半世紀ごとに振り返ると、学園創立に始まる第1四半世紀は、大学から幼稚園に至る一貫教育体制完成までの創設・再建期。第2四半世紀は、全国各地に展開を図り総合大学への道を歩んだ拡充期。第3四半世紀は、統合再編による展開期だといえます。新たな成長期の始まりとなる建学100周年までの第4四半世紀は、学園の歴史経緯を踏まえた上で、既存の学問領域にとらわれない教育システムの構築、新しい工夫や発見に満ちた若者の学びの場を創造していくことを求め、未来に向かって確固たる総合教育研究機関として邁進する四半世紀とします。 建学75周年に向けたビジョンとして、「建学の精神を受け継ぎ、変革を続け、成長する東海大学」を掲げ、その上で、次のような施策を2012年度から策定開始し、2016年度には、新たな学園全体像の完成を目指します。

東海大学の教育理念の再確認と展開

東海大学では2013年度をとおして全学を挙げての教育理念の再確認、展開を進めてきました。各学部学科において、75周年を見据えた「育成すべき人材像」の再検討を進め、その上で「入学者受入れ」「教育課程編成」「学位授与」の3方針の策定を図っています。また、短期大学(部)、高等学校、中等部、小学校、幼稚園の各教育機関においても、大学の教育理念と有機的に連携し、一貫教育の理念の下で各学校の設立趣旨を踏まえながら育成すべき人材像の策定を進めています。

建学100周年に向けた教育機関としての目標設定

「建学の精神」という不変の理念を踏まえ、かつ、時代のニーズに則した教育改革を推し進める学園として、グローバル化社会に若者を輩出することが可能な教育システムの構築、将来社会で活躍できる力の育成を目指す一貫教育の実践など、将来を見据えた目標設定を進めています。

現代文明論の充実

学園における一貫教育のあり方を検討する一貫教育委員会にて、学園全体の「建学の精神」を改めて公表することが決まりました。その下で本学の教育の根幹である講義「現代文明論」のさらなる充実を進めています。

シンボルマークについて

学校法人東海大学では、建学75周年記念事業の基本テーマを「建学の精神を受け継ぎ、変革を続け、成長する東海大学」と掲げています。 このテーマに基づいて制定された「建学75周年記念事業シンボルマーク」は、建学の精神を再認識することを踏まえ、東海ブルーを基調としたカラーを採用。マークの右上には、学園が四半世紀の節目ごとに建学100周年に向かって発展していく様子を、水面に拡がる4つの波紋で表現しました。また、この4つの波紋全体を上に向けることで翼、すなわち空を表すとともに、マーク下部には全体を包み込むように大きな曲線を配し、東海大学の名称の由来である「ユーラシア大陸の東の海」を、未来に向かって先導する船をモチーフにして象徴化しました。