西川雄一朗主務

箱根駅伝で「4年生の最後の雄姿を見てほしい」

――今年の出雲駅伝で優勝、全日本大学駅伝で準優勝と好成績が残した駅伝シーズンを、主務としてどのように見ていましたか?
全日本大学駅伝は勝ち切ることができませんでしたが、例年に比べれば思い描いていた結果を出せるようになったと感じています。今季のチームの目標は「箱根駅伝総合優勝」です。チームの持ち味であるスピードを存分に生かせる出雲駅伝と全日本大学駅伝で好成績を残さなければ、箱根駅伝では戦えないと感じていました。出雲駅伝は目論見通りで優勝し、これまで以上にチームが「勝ち」にこだわるようになりました。全日本大学駅伝では、ミスをすれば優勝できない駅伝という競技の難しさを知るとともに、昨季学生駅伝三冠を達成した青山学院大学だけでなく、どの大学も力があるということを再認識させられる大会になりました。歓喜と悔しさを経験できたことは、チームにとって大きな収穫でした。個人的には、出雲駅伝で優勝した際に、九州学院高校時代の恩師である禿雄進監督から「おめでとう」と電話をもらえたことがうれしかったです。高校を卒業する際に、禿監督から「両角先生は、佐久長聖高校を率いていたときに全国制覇を達成した素晴らしい先生。選手だけでなく、マネジャーの細かい所作まで見てもらえるはずだ。両角先生の期待に応えられるよう、一度でいいからチームを頂点に立たせてこい」と声をかけてもらっていたので、その約束を果たすことができてよかったです。
――西川主務から見た今年のチームの特徴は?
4年次生が先頭に立って、練習だけでなく私生活もまとめている点です。新チームになった直後に4年次生だけでミーティングを行い、部員一人ひとりに明確な役割をつくることにしました。クロカンコースなどの施設や練習機材を管理する担当や寮の清掃が行き届いているかチェックする担当、中にはライバルと位置付けた青山学院大学の試合結果を全てまとめて寮に張り出す「対青学係」など細かく役割を細分化したのも特徴の一つです。担当ごとに4次年生が中心となって班をつくり、週に1度ミーティングをしながら「どうやったらチームのためになるのか」、「改善できる点はないか」を探しながらよりよい練習環境の整備を目指してきました。
――九州学院高時代からマネジャーを務めていますが、選手を支える上で大事にしていることはありますか?
多くの人とコミュニケーションをとることが好きなので、チームメートと積極的に会話しながらチームの意識を統一できるように心がけています。部員の人数が多いため、ときには両角駅伝監督の指導が選手に伝わらないこともあります。普段から両角駅伝監督に選手が「何を考えているのか」「どんなコンディションなのか」を伝えて、チームがうまく回るようにしています。
――いよいよ最後の箱根駅伝ですが、どのような心境ですか? また、ファンの皆さんにどこを見てほしいですか?
4年間は本当にあっという間で……。僕が東海大に進学してきたときは、チームの成績が悪かったので、選手たちが徐々に力をつけて強いチームになっていく過程を間近で見ていくのはとても面白かったです。正直「あと2年やれ」と言われてもできると思います(笑)。箱根駅伝では、4年生の最後の雄姿に注目してほしいですね。自分も残された期間をしっかりサポートしていきます!
このページのトップへ