力のある後輩たちへ 「悔しさを糧にさらに上位に」
春日千速駅伝主将(理学部数学科4年次生)

――主将として過ごした1年を振り返って、どのようなシーズンでしたか?
箱根駅伝では個人・チームともに不甲斐ない結果になってしまいましたが、1年間を振り返ればトラックシーズンでも各選手が好記録を残し、出雲駅伝では優勝、全日本大学駅伝では準優勝と例年以上の結果を残せたと思います。今季のチームはこれまで同様に明るいだけでなく、選手層が厚くなったことでメンバー争いに向けたよい緊張感もありました。雰囲気がよく、チームがまとまっていたことが成績にも表れたと思います。最後の大一番で、結果を残せなかった悔しさもありますが、この経験を糧に後輩たちには箱根駅伝総合優勝を勝ち取ってほしいと思います。三大駅伝すべてを制して三冠を勝ち取る力は、十分にあると思っていますので、あとは本番で力みなく実力を発揮するだけです。

――両角駅伝監督や西出ヘッドコーチらの指導を受けてきた感想を聞かせてください。
競技力向上につながる充実した練習メニューに取り組めたことはもちろん、4年間を通して私のことを信頼してくれて、自由に競技に取り組ませてくれました。故障をしている間は気持ちが切れそうになったり、ナーバスになったりもしたのですが、「監督たちの信頼に応えたい」という思いが復帰への大きな原動力になっていました。本当に感謝しています。

――来季以降に向けて、特に期待する選手は誰ですか?
湯澤や高田、郡司といった、メンバー登録はされてもあと一歩のところで駅伝に出場できていない選手たちの奮起に期待しています。彼らも力があるので、さらに競技力を向上させることがチーム内の競争激化にもつながると思います。そうなれば、今シーズンの三大駅伝に出場したメンバーにとっても大きな刺激につながります。これまでにない成績を残せるような強いチームになれるのではないでしょうか。また、来年度の主将には湊谷が就任します。真摯に競技に取り組む選手ですし、背中でチームを引っ張ってくれる頼もしい後輩なので、心配はしていません。しかし、一人でチームをまとめるのは大変なので、同学年の選手に頼る気持ちも持っていてほしいですね。私自身この1年間は川端や國行をはじめ、4年生の仲間たちに助けてもらいながらチームをまとめてきました。個性あふれる1、2年生が多いので最上級生が協力して、よりよいチームをつくり上げてほしいと願っています。