本番で実力を発揮する「強さ」を身につけ、さらに上位へ
両角速駅伝監督(体育学部准教授)

――箱根駅伝総合5位という結果でしたが、振り返ってみてどのようなレースでしたか?
最低でも3位に入りたいという目標を立てていましたから、その意味では完敗だったと感じています。青山学院大学、神奈川大学とともに3強と呼ばれてはいたものの、優勝した青山学院大学に大きな差をつけられてしまったのが悔しいですね。例年は4年生が力を発揮して、区間上位の走りをみせてくれていましたが、今年は出場した4年生3人がそろって区間順位が二桁となってしまい、プランが崩れてしまいました。3番手でタスキを受けたアンカーの川端は残り3kmまで区間上位の走りをしていましたが、強いビル風の影響などで低体温症を引き起こしてしまい失速してしまいました。厳しい言い方をすれば、気温の低さや強風に対する準備が不足していたということになります。他チームの選手にも同様の症状が見られたら、「仕方ない」とも考えられますが、そのようなレースコンディションではありませんでした。4年間チームの中心にいて引っ張ってきてくれた選手ですので、川端には今回の悔しい経験を糧にして、実業団で活躍してほしいと願っています。また、4年生以外でも5区の松尾は想定タイムよりも2分遅れる結果となりましたし、2区の阪口も後半で他大学のエースたちに引き離されるなど全体的に厳しいレースとなりました。青山学院大学や往路優勝し総合でも2位に入った東洋大学は、箱根駅伝という舞台で持っている力以上の走りを見せる「強さ」があります。東海大学の選手たちだって持ちタイムだけを見れば、他大学を十分に破る力をつけているわけですから、あとは本番でいかにその力を出し切るかが来年度以降の課題になると思います。

――6区中島選手、8区館澤選手はともに区間2位と好走しました。
中島は想定通りのタイムでしたし、しっかりと力を発揮してチームに勢いをつけてくれました。館澤は長い距離への苦手意識を持っていますが、自分の弱点と向き合い、絶妙なペース配分でレースを展開していました。出雲駅伝では2区区間2位、全日本大学駅伝では3区区間賞と安定した成績を残してきた要因は、館澤自身が自分の長所と短所を理解して練習やレースに臨める冷静さが大きいと思います。今年度は、日本選手権1,500mで優勝するなど飛躍の年になったと思うので、来年度はアジア選手権大会1,500mでの上位進出などさらに上を目指して取り組んでほしいと考えています。

――チームの持ち味であるスピードをさらに強化し、今年度の駅伝シーズンでは出雲駅伝で優勝、全日本大学駅伝で準優勝と好成績を残しました。箱根駅伝の前には、「実業団に進んでからも生きるスピード強化の成果を発揮し、長い距離の箱根駅伝でも勝ちたい」と話されていましたが、今後の方針はいかがでしょうか。
来年度もその姿勢は貫いていきます。社会的な注目の大きい箱根駅伝対策に特化して長い距離への対応力を高める練習に積極的に取り組む大学もありますが、在学中はもちろん、卒業後にオリンピックや世界選手権で活躍するためには1,500mや5,000mといったトラック種目で結果を残せるスピードは欠かせません。スピード強化を続ける中で、徐々に長い距離でも使える持久力も身に付きますし、これらの考えに共感して、東海大学の門を叩いてくれたのが今の選手たちです。これはチームカラーとして今後も継続しかなくてはならないと考えています。来年度は出雲駅伝の連覇、全日本大学駅伝の優勝、箱根駅伝では2位以内が目標です。冬場は選手それぞれが目標に定めたレース向けて練習しながら力をつけ、まずは5月から始まるトラックシーズンでしっかりと結果を残してほしいですね。その勢いで秋以降の駅伝シーズンでも好成績を残し、再来年度こそは満を持して学生駅伝3冠を狙う、という流れが理想です。