西田壮志選手(体育学部競技スポーツ学科1年次生)

期待のルーキーが箱根路デビューへ「この1年での成長を見せたい」

――東海大学に進学した理由を教えてください。
箱根駅伝で活躍し、将来は世界大会でも活躍するランナーになりたいと思い東海大学に進みました。高校まではチームの中心選手として、練習でも試合でも先頭にたつ立場でしたが、今のチームは自分より力のある先輩たちが多く、必死についていく場面が増えました。レースや記録会に出たときも、雰囲気やレベルの高さに慣れるまでは思い通りに走ることができない時期もありました。関東インカレの3,000m障害にも出場させてもらいましたが、予選落ちで……。高校時代はインターハイで日本人トップの3位に入れていたのであらためて大学のレベルの高さを感じました。しかし、この環境で4年間自分を磨けば本当に力がつくと感じています。チームではウエイトトレーニングにも重点を置いて取り組んでいるのですが、練習やレースの後半に疲れがたまってもフォームがぶれなくなったり、100mのタイムも入学時より1秒近く速くなったりとすでに成長を実感しています。この短期間で成果が出ていることには驚きましたね。
――慣れない環境の中で上級生からアドバイスをもらうことはありましたか?
先輩たちが食事のバランスや体調管理に気を配っている姿はとても参考になります。練習にしっかりとしたコンディションで臨んでいるからこそ、力をつけられると感じたので、大学に入ってからは僕も意欲的に取り組むようになりました。しかし、夏合宿では今までに踏んだこともない距離を走ったので、食欲がわかないときもありました。「今までは食べなくてもいいや」と箸を置くこともありましたが、両角駅伝監督や上級生から食べることの大切さを教えてもらい、がんばって食べきるようにすると長い距離を走ったあとの疲労度が大きく変わりました。
――入学した年からチームは出雲駅伝で優勝、全日本大学駅伝で準優勝と好結果が続いていますね。
先輩たちは力がありますし、タイムもよいので勝ってくれるだろうと思いながら応援していました。出雲駅伝の優勝はとてもうれしかったですし、同じチームメートとして励みにもなりました。全日本大学駅伝では同学年の塩澤が出場しました。塩澤とは、高校時代から大会などで切磋琢磨していましたし、大学に入ってからはいつも一緒に授業を受けています。先に駅伝デビューされたのは悔しかったですし、「いつまでも今のままではいられないな」と感じました。早く僕もメンバーとして駅伝に出場したいという思いも強くなりましたね。
――ルーキーとして臨む初めての箱根駅伝に向けての目標を教えてください。
自分の持ち味は疲れてもペースを落とさずに粘り切ることと、登り坂でもしっかり走れる点だと感じています。箱根駅伝はどの区間でもアップダウンがあるので、自分の持ち味は発揮しやすいと思います。出雲駅伝と全日本大学駅伝はチームの力になることができませんでした。この1年での練習の成果を発揮するとともに、お世話になった4年生と挑む最後の大会なので、結果で恩返しをしたいですね。

→ 選手一覧に戻る

このページのトップへ