川端千都選手(体育学部競技スポーツ学科4年次生)

4年生としての責任を果たす走りを

――全日本大学駅伝を振り返って感想を教えてください。
自分の走りができず、アンカーとしての役割を果たせなかったという悔しさしかありません。神奈川大学の鈴木健吾選手(4年)との力の差を感じたレースでもありました。下を向きたくなる気持ちもありましたが、次のレースは待ってくれません。チームメートも誰一人として準優勝という結果には満足していないので、箱根駅伝では4年生として引っ張っていきたいと考えています。また、神奈川大学に敗れたことで、チーム全体でもう一度気を引き締めるきっかけになったと思いますし、「箱根駅伝では勝ちたい」という気持ちがあらためて生まれたと感じています。最後の1秒やラストスパートを大事にする選手が増えると思うので、敗戦を糧にして箱根駅伝につなげていきたいと思います。
――両角駅伝監督は、「4年生がよくチームをまとめている」と話していますが、春日駅伝主将らとチームをどうまとめていくかといった話はしていますか?
特別そのような話をしているわけではありませんが、主将や寮長など役職をもつ選手が多いので、自分は練習の中でチームを引っ張っていきたいと考えています。「4年生として」というよりは、「自分がチームの中で何ができるか」を考えた結果です。夏合宿でも集団走の先頭に立ったり、全体練習の後にもう一本走る選手がいれば一緒に走ったりしてきました。1年生の時は栄土功樹駅伝主将(政治経済学部卒)を中心に「何としてもシード権を取ろう」という雰囲気があって、自分自身もそういった空気に引っ張られて走れた部分があり、これが駅伝なんだなと感じることができました。特に箱根駅伝では4年生のつくる雰囲気、引っ張る姿が大きく影響すると思うので、気を緩めずにスタートラインに立ちたいと思います。
――1年生の箱根駅伝では「花の2区」を走り、ルーキーではトップクラスの成績を残しました。前回大会でも9区で区間5位と好走しましたが、川端選手にとって箱根駅伝はどういうレースですか?
注目度が高く、競技人生を左右すると感じています。1年生のときに2区を好走できたことで、そのイメージに悩まされたこともありましたが、箱根駅伝を通して多くの人たちに注目され、同時に応援してくれる人も増えたので、大切にしたいレースです。1年生のときに感じた「東海大学とともに強くなりたい」という思いと、前回大会が終わった時に感じた「お世話になっている両角先生を男にしたい」という2つの思いを結実させるために、個人としてもチームとしても結果を残し、有終の美を飾りたいと思います。今回の箱根駅伝は自分自身の大学における競技の集大成ですので、1年生のとき以上の走りをして、東海大学の4年間で成長した姿を、お世話になった多くの皆さんにお見せしたいと思います。また、後輩たちにも、自分が情けない走りをしたときにチームを引っ張ってもらったり、雰囲気をよくしてもらったりしているので、この先輩についてきてよかったと感じてもらえるような走りを見せて、4年生としての責任を果たしたいと思います。





→ 選手一覧に戻る

このページのトップへ